最近あなたのカラダは大丈夫ですか

HPVと子宮頸ガンのワクチンについて

一時期、子宮頸ガンのワクチンを接種し、重篤な副作用を引き起こしたというニュースが頻繁に報じられました。
ところが、最近ではめっきり聞かなくなりました。これは箝口令でもしかれたのでしょうか?

厚生労働省での専門家による検討会を行った結果、この子宮頸ガンのワクチンの重篤な副作用を考慮し、「定期的な摂取は継続するとし、だが積極的に勧めず、また過度な啓蒙をしない」といった内容の結論にいたりました。

そもそも、子宮頸ガンの原因とされるヒトパピローマウィルス(HPV)は健全な成人であればほとんどの方がもっているものです。

セックスをすることで感染するのであれば、それはなんら不思議なことではありませんし、子宮頸ガン自体、もっと高確率で発症してもおかしくありません。ここで、医療と利権についての疑問が頭をよぎるのは私だけではないでしょう。

勿論、なんの根拠も無いというわけではありません。問題なのは、国家資格を有した専門家が断言している点です。

専門家が「こうしなければ死にます」と言うならば、それはすなわち詭弁です。

特に、小学校高学年から中学生に対しては70%以上の予防が可能というのも私たちの不安を煽るのに十分なものです。

抗ガン剤と同じく、このような根治困難な病気に関係するワクチンも専門家の説明を鵜呑みにしてはいけません。

病は気からインフルも気から症状が出るのか

毎日報道されるニュースの数は尋常ではありません。

しかも、深夜だけ放送し、日中や夕方には触れられないニュースもあれば、一日中放送されているニュースもあります。
また、ニュースになればマシという出来事が常に起きています。

その中で興味深いニュースがありました。
しかも海外の雑誌で。

興味深いニュースというのは、インフルエンザの特効薬とされてきたタミフルが、実は日本国内で報じられているほどの効果が期待できないというものです。

勿論、未成年者への投与は錯乱を引き起こす危険性があり、事実痛ましい事案が何件か報道されました。
しかし、「効果は期待できない」という一言はありませんでした。

もしもそんな表現で報じてしまうと、製薬会社やタミフルを特効薬として採用した厚生労働省及び各医療機関が不利益を被るからです。

私たちには選ぶ権利があるはずですが、選ぶ余地がないという状態です。

では、どのようにしてインフルエンザに対処すべきなのかというと、もう、日頃から免疫力を高める生活習慣を身につけ、罹患しても対抗しうる自己治癒力に頼るしかないというわけです。

「風邪を治す薬を発明したらノーベル賞もの」と言われるように、インフルエンザも同様というわけですね。

体質改善と思えばわかりやすいCAM

昨今のレポートで、メタボリックシンドロームに悩む方の多くがCAMを利用していることが明らかになりました。

CAMとは補完代替医学のことですが、ちょっと聞き慣れない言葉ですね。

心疾患など通常の食生活をしていては改善がみられないため、代替食が活用されます。

脂質や糖質、塩分をカットした野菜スープなどですね。

しかし、このような極端な食生活は続けられる期間に限界があります。

そのため、体質改善のためにハーブやサプリメントを恒常的に摂取したりする、つまり補完することから補完代替医学、もしくは補完代替医療と呼ばれているのです。

補完代替医学の歴史は古く、中国の漢方、ヨガなどで有名なインドのアーユルヴェータもその一つです。

ただし、ここが注意したいところで、「歴史がある」「現代医学とは違うアプローチ」ということこから、一種カルト的な民間医療も登場してきているのが悩ましいところです。

確かに、ハーブやサプリメント、アロマオイルやマッサージといったものを続けたとしても、必ず治るという保障はありません。

とはいえ、全面的に否定するのも短絡的なわけで、これは一種の体質改善なのだという認識でいればよいのではないかと思うのです。