風潮に逆行するお酒の研究結果

飲酒運転の厳罰化、飲みニケーションの衰退など、お酒を飲む人に対しての風当たりが強くなりました。

これは、日本人が欧米人に比べて下戸が多いこともあるでしょう。

しかし、最近ではこの風潮に一石を投じるような研究結果が報告されています。

有名な話ですが、お酒に弱い人は毎日飲んでも強くなりません。

アルコールに対する耐性はついても根本的にアセトアルデヒドを分解する酵素がすくなければ「強くなった気がする」のであり、体に与えるダメージは変わりません。

この分解酵素ですが、生産量だけでなく、遺伝子のそもそもの型に大きく依存することがサイエンス・トランスレーショナル・メディシン電子版で紹介されました。

また、この遺伝子の型から、お酒に強い型、弱い型のiPs細胞から心筋細胞を作りマウスで実験したところ、弱い型の心筋梗塞のリスクが非常に高いことが判明したとも書かれています。

お酒に弱い型の遺伝子は日本人だけでなく、アジア全域に多いため、お酒に弱い人はなんだか呪われている気がするものです。

とはいえ、強いからと言って過度な飲酒は他の病気の要因にもなりえますから、お酒を飲むと健康を維持できるというわけではありません。

ほどほどに楽しむようにしましょう。